利用について

入国手続に関する利用の流れ

日本入国・帰国の前に行うこと

日本入国・帰国時に行うこと



日本入国・帰国の前に行うこと

STEP 0:新規アカウント作成・ログイン

新規にアカウントを作成する場合はメールアドレスが必要です。

ログイン前後の画面イメージ。「新規アカウント作成」ボタンを押して開始します。

STEP 1:利用者の登録

(1) 入国・帰国手続の区分を登録する

利用者の登録時の画面イメージ。「本人の情報」を選択し、次の画面で「入国・帰国手続の区分」等を選択します。

(2) パスポート情報を登録する

パスポート情報の登録方法は「カメラで読み取る」又は「自分で入力する」のいずれかを選択できます。
パスポートの有効残存期間が6か月未満の場合は、期間に応じて警告メッセージが表示されます。

パスポート情報を登録する際の画面イメージ。「カメラを読み取る」を選択した場合の、画面の状態を例示しています。

撮り直してもうまくいかない場合、登録方法の選択画面から「自分で入力する」を選択し直接入力も可能です。
免税購入機能利用にはパスポートの読み取りが必要になります。

読み込みに失敗した際の画面イメージ

(3) 基本情報を登録する

任意入力箇所です。
ご入力された場合は、「STEP 3 入国・帰国の手続を入力」において、引用することができます。
職業や住所を頻繁に変更される予定がない方は、ご入力を推奨しています。
※日本人又は(みなし)再入国の方は、現住所:国名、現住所:都市名の入力はできません。

基本情報を登録する際の画面イメージ。旅券番号、姓、名などを順次入力することを示しています。

(4) 日本での連絡先(滞在先)の入力

任意入力箇所です。
情報を入力した場合は、「STEP 3 入国・帰国の手続を入力」において、引用できます。
職業や住所を頻繁に変更される予定がない場合は、入力することを推奨します。

※外国人の方は入力できません。


STEP 2:入国・帰国の予定を登録

旅行情報を入力し、スケジュールを登録します。
以下、A~Cいずれかの方法で登録できます。

入国・帰国の予定を登録する際の画面イメージ。入国・帰国予定を新規登録するケースと、入国・帰国情報を引用するケースを例示しています。

(A) 引用せずに登録を進める

必要な情報を入力します。

引用せずに登録を進める場合の画面イメージ。「入国・帰国の予定」や「日本での連絡先」などの入力が必要であることを例示しています。

(B) 旅行代理店の登録情報から引用/登録済みの入国・帰国情報から引用

引用する情報が表示されます。
表示された情報を引用する場合は「この入国・帰国情報を引用する」をクリックして進みます。
登録済みの入国・帰国情報を選択した場合は「日本での連絡先(滞在先)」のみ引用できます。

表示された情報を引用する場合の画面イメージ

(C) ビザ申請時の情報を引用する

ビザ発給番号を入力し、「ビザ情報取得」をクリックすると、ビザ情報が表示されます。
表示された情報を引用する場合は「このビザ情報を引用する」をクリックして進みます。

ビザ申請時の情報を引用する場合の画面イメージ

STEP 3:入国・帰国の手続を入力

登録した予定をクリックし、入国・帰国手続に必要な情報を入力します。

入国・帰国の手続を入力する際の画面イメージ。外国人の場合と、日本人の場合、それぞれで表示が異なることを示しています。

検疫

手続画面の「検疫(健康状態確認)」から質問へ回答し、健康状況に応じた案内を確認します。

検疫(健康状態確認)から質問へ回答する画面イメージ

入国審査及び税関申告

手続画面の「入国審査及び税関申告」から情報を登録します。
※日本人又は(みなし)再入国の方は入国審査(外国人入国記録)の登録は不要です。
税関申告(携帯品・別送品申告)のみ登録します。

入国審査及び税関申告の際の画面イメージ。外国人の場合、日本人の場合、それぞれを例示しています。
入国審査及び税関申告の際の入力内容確認画面のイメージ。外国人の場合、日本人の場合、それぞれを例示しています。

日本入国・帰国時に行うこと

STEP 4:日本入国・帰国の手続から二次元コードを表示

入国審査及び税関申告

手続画面から二次元コードを表示します。
二次元コードは、入国審査では入国審査カウンターにて、税関申告では電子申告端末又は検査台にて利用できます。電子申告端末での申告後には、電子申告ゲートを利用できます。

※羽田空港、福岡空港、那覇空港では、ターンテーブルに手荷物が出てくるまでの待ち時間を利用して、電子申告端末により、電子的に税関申告を行うことができます。

入国審査及び税関申告の際の画面イメージ。外国人の場合、日本人の場合、それぞれを例示しています。

サービス利用に関する動画

入国手続に関する利用の流れ

空港での利用の流れ


免税購入に関する利用の流れ

(1) 情報の登録方法

利用できる方は、免税購入をされる方のうち、外国籍を有し、在留資格が短期滞在・外交・公用の方のみです。

また、免税二次元コードを作成するためには、予めパスポートの読み取りが必要です。
STEP 1:利用者を登録」を参照の上、本人情報を修正します。

免税手続き情報登録の際の免税二次元コード作成に至る画面イメージ

パスポートに貼られた上陸許可証印の読み取りを行います。
上陸許可証印をガイド枠に合わせると二次元コードが自動で読み取りされます。
エラーとなる場合は、エラーメッセージを確認し、再度読み取りを行います。

上陸許可証印を読み取る際の画面イメージと、エラーとなった場合の画面イメージ

(2) 免税二次元コードを表示する

免税二次元コードに対応する店舗で二次元コードを提示します。

スクリーンショットでの利用はできません。

免税二次元コード利用時の画面イメージ。利用者の情報とともに免税二次元コードが表示されていることを示しています。